40代サラリーマン、 一念発起して始めた副業サイドビジネスでリアルビジネスにネットから参戦し、 インターネットマーケティングを研究する『商点研究家』天城の『熱闘ビジネス情報誌』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末アフィリライター☆天城鳴海
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【隠れ経済自由人】快適☆週末アフィリライター生活♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼日本で最初に宝くじを普及させた伝説のマーケティング手法とは・・・?



「もしも2億円当たったらどうしよう」

・・・と、当たる前から「とらぬ狸の皮算用」



宝くじの販売は、現在は『みずほ銀行』がやっていますけど、

販売開始した当初は、前身の第一勧業銀行でした。



当時、国内で最初の宝くじを手掛けた第一勧業銀行は、

「国民に馴染みのない宝くじをどうやって知ってもらうか・・・」

まず、宝くじを広く世間に普及する必要があたのです。



そんな第一勧業銀行がとった、あるマーケティングの手法があります。



スタンダードで、誰でも思いつきそうで、あまり重要視されない手法ですが・・・



実は、この手法が、



現代でも通用する、どんな商材を売るときでも使える非常に効果的な方法だったりします。



さて、その大手銀行も用いた、伝統的なマーケティング手法とは・・・?



・・・何だと思います?



答えは3秒後、、、



・・・



・・・



・・・



ハイ、3秒!



分かりました?



じゃあ、答えを言いますネ?



その伝説のマーケティング手法とは、、、



『行列の効果』



「散々勿体つけて、そんなことかい!」

とお怒りの声が聞こえてきそうですが・・・



あなどるなかれ。



これこそが、

『副業で一円も稼げなかった素人サラリーマンが月収50万円を手にできる』

究極奥義だったりするのです。



宝くじ発売当初、
第一勧業銀行は、学生などアルバイトを大量に雇い、

宝くじ売り場の窓口に行列を作らせたんだそうです。



一時、『行列のできる●●』・・・って言う言葉が流行りましたけど、

あれが、お客さんを集客する宣伝効果を狙う手法。



例えば、

デパートの地下食品売り場で、

いい匂いに誘われて、ふとそちらを見ると、

ガラス張りの厨房の中で、実演販売している大判焼きのお店・・・

思わず欲しくなって、行列に加わりたくなることってありません?



すると、行列を見た人たちが、

「何だろう?」

「あんなに人が並ぶんだから、きっとおいしいに違いない。」

「一度、買ってみようか。」

と、さらに行列に並ぶ・・・



神田昌典さんも仰ってました。

『最初のお客さまは、お金を払っても作れ』と・・・



行列の効果は、それほど重要なマーケティング手法なんですネ。



それほど、重要な集客効果なのですが・・・



普通の人がビジネスをするときには、

その費用対効果が実感できず、

なかなかお金を払ってまで行動できないものです。



「一円も使いたくない」と言うワケではないのですが、

その重要性・優先度が分からないことが、

最初の一歩が踏み出せず、

だた情報商材を買い漁るだけのノウハウコレクター状態に陥ってしまう原因なのです。



▼編集後記


こういうことを書く理由は、

天城自身が失敗したから・・・



モノを売る力は、生きて行く上で必要不可欠。



売るための知識は必要です。



でも、知識だけではモノは売れませんよネ。



知識は得てして、後から生きてくるものだから・・・


▽あなたを幸せで豊かな成功に導く『自分の力でシンクロニシティを起こす方法』

 http://weekendwriter.web.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ~週末アフィリライター☆天城鳴海~
  【隠れ経済自由人】快適☆週末アフィリライター生活♪

    発行者:週末アフィリライター
         天城鳴海(あまぎめいかい)

▽登録解除はこちら。
http://www.mag2.com/m/0000215166.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://imart.blog101.fc2.com/tb.php/15-f9201afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。