40代サラリーマン、 一念発起して始めた副業サイドビジネスでリアルビジネスにネットから参戦し、 インターネットマーケティングを研究する『商点研究家』天城の『熱闘ビジネス情報誌』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末アフィリライター☆天城鳴海
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【隠れ経済自由人】快適☆週末アフィリライター生活♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼現場一筋20年の天城が、想像を絶する雪崩の世界を体験する!



1÷2000=0.0005



コレなんだか分かります?


0.0005=0.05%



この数字、

実は、天城が最初にやったダイレクトeメールの成約率なんです。



つまり、
2000通近くのセールスレターを電子メールで送った結果、
申込みの返信メールが、



たったの1通・・・



今にして思えば原因は、



電子メールの送り先が個人ではなく、
店舗そのものであったこと・・・



アフィリの世界では強烈なメールも、
ビジネスが変われば反応率も変わる・・・



そんな当然の『場の空気』を読み違えた、
天城のホロ苦い失敗談です。



でも、よく考えてみると、
FAXDMだって2000通も送っても成約が5件。



つまり、



成約率=0.25%



これで、まずまずの成果なのです。



チラシ広告の反応率だってせいぜい0.2~0.5%が普通って言われるのですから、
それを一個人がやろうなんて・・・



天城の場合、
FAXDMを外注に出したり、
同報メールで配信したり、



多少の費用は掛かっていますが、
この宣伝に関して時間の負担は少なくて済んでいます。



想像してみてください。



普通の人が、
自宅で1通づつFAXやメールを配信する時間を・・・



しかも、
成約率がどのくらいかも分からない業界で、
あてもなく顧客リストから自分で作りながら配信する作業を・・・



1件成約するために、
4000通以上送らなければならない気の遠くなるような時間・・・



それが現実なんです。



天城は、
二度と、自分ひとりでやろうなんて気にはなりません。



ビジネスが最初に立ち上がるには、
天城のような現場一筋20年のサラリーマンなどの想像をはるかに超える
時間とお金が必要なんです。



でも、
それをやっても採算が取れる『利益の出る仕組み』をしっかり作っておけば、



あとは、
『集客数を増やす活動』と『成約率を高める活動』を

雪だるまを転がすように増やして行くだけ・・・



成約のスイッチがONになったとき、
ビジネスは、雪崩のように増幅して動き出すもの。



しかも、
一度起こりはじめた雪崩は、
複利計算で核爆発的に膨らんでいくものだそうです。



普通では考えられない、
想像を絶する雪崩の世界。



普通では体験できない雪崩の世界を
天城も身近で見て行こうと思うのです。



▼編集後記



「生活費とビジネスに投資する費用は分けるべき」という人がいます。

そのご意見も、この雪崩を起こす考えからすると、至極当然のこと。



ビジネスに投資する費用は、徹底的に雪崩を起こすために使う。



生活費は、ビジネスに投資する費用がなくなったとしても、
今までどおりで影響がない。



生活の基盤はすべて今のままあるように、
決して失うことがないように注意しなくてはなりません。



▽あなたを幸せで豊かな成功に導く『自分の力でシンクロニシティを起こす方法』
 http://weekendwriter.web.fc2.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ~週末アフィリライター☆天城鳴海~
  【隠れ経済自由人】快適☆週末アフィリライター生活♪

    発行者:週末アフィリライター
         天城鳴海(あまぎめいかい)

▽登録解除はこちら。
http://www.mag2.com/m/0000215166.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://imart.blog101.fc2.com/tb.php/16-8dd67bed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。